転職で失敗しないために

 転職にするにあたって、なぜ転職したいのか、転職後のどのような姿が創造つくかを箇条書きにし、転職すべきかどうかの見極めが大切です。

 

 さて転職となった場合、自分の希望する職種や条件(給料や福利厚生、勤務地など)を箇条書きにし、求める仕事先があるかどうか、ある場合は倍率はどうなのか、口コミ等々で評判をチェックします。チェックする際、離職率を重点的に見ると会社の体質がどうなのかの判断に役に立ちます。

 

希望先がない場合は自分の希望する条件をカットしていかなければなりませんが、どこまで妥協ができるかの線引きが必要です。いくら就職ができたからといって、全然希望しない職場ではまた転職する確率が上がってしまい自分の履歴に傷をつけてしまいます。今まで働いてきたスキルや経験を活かしつつ全てを妥協しないよう注意が必要です。

 

 そして履歴書ですが、企業側も希望する人材があります。いかに自分がその人材かをアピール出来れば、転職成功です。求人内容は穴があくほど読み、企業側が何を求めているのかを把握した上で自分のスキルや経験を事細かく書き、いかに自分が役立てるかをアピールしましょう。

 

 面接の際はホームページを熟読し、商品等が手にはいる企業の場合は感想などを伝えられると、どれ位熱心なのかをアピールすることができると思います。



このページの先頭へ戻る