転職先の企業を見極めよう

 転職活動をするにおいて、履歴書や職務経歴書など、自己アピールの内容を精査することは大切です。また、転職によって自分がどうなりたいのか、何を目的に転職するのか、といった部分を考えることも大切です。しかし、それと同様に、むしろそれ以上に大切なことがあります。それは、転職先の企業研究です。

 

 あなたが求人情報を見て、待遇面、仕事内容ともに自分の理想通りの企業を見つけたとします。さらに、その企業はあなたの能力を高く評価し、すぐに採用してくれるかもしれません。転職希望者にとって、これほど嬉しい話はありません。

 

 ところが、本当に手放しで喜んでも良いのでしょうか。

 

 これは私の実体験なのですが、就職先がとんでもないブラック企業だったことがあります。その時は、未経験の業種へ転職で、求人自体も少ない職種でした。私は、とにかく採用されたいという一心でした。

 

 転職の際に気をつけたいのは、常に求人を出している企業は疑うということです。常に求人を出している背景に、業務拡大があるのなら納得できます。しかし、次々に退職者が出ているが故に、求人を出し続けているとしたらどうでしょう。その企業は、いわゆるブラック企業である可能性が考えられます。

 

 面接の時に聞いてみても良いでしょう。「今回、求人を出されたのはどういった理由ですか」と。その質問に対する答え次第では、就職を慎重に検討した方が良い場合もあります。



このページの先頭へ戻る