面接は何分前に行くべき?

 転職活動を続けていると、面接の機会も増えてくるのではないでしょうか?ここで問題になってくるのが、面接の何分前に相手方へ伺えばよいかということです。

 

 一般的な常識に照らし合わせれば、早めに行く方が良いに決まっていますよね。しかし、ビジネスのシーンでは、早ければ良いとは限りません。

 

 私がかつて、採用担当をしていた頃、第二新卒に近い年齢の転職希望者がいらっしゃいました。熱意にあふれ、とても優秀な方でした。履歴書を見る限り、ぜひ一緒に働きたいと思えました。

 

 ところが、その方は面接当日、約束の時間の30分前にいらっしゃったのです。日常生活においては、約束の時間を守ることはもちろん、早めに来ることは問題ありません。例えば新卒採用であれば、面接日に複数の大学生を呼ぶ場合も多く、早く来られたからと言って、問題は発生しません。ですが、転職者の面談の場合、面接日には限られた人数しか相手にしないケースが多くあります。また、日常の業務の合間を縫って面接します。つまり、転職での面接に限って言えば、あまりにも早く来られることは、企業側にとって大変迷惑な行為と言えるのです。

 

 先述の例で言えば、その方には会社の応接室でお待ちいただいていたのですが、誰かがお待ちいただくための対応をせねばならず、日常業務に支障が出てしまったのです。

 

 もしみなさんが、転職で面接に行く場合は、5分前を目安に行くのが良いのではないでしょうか。



このページの先頭へ戻る