面接時の自己PRで話す内容とは

自分をアピールする経験についてよく考慮する

 

 自己PRは就職希望者の人となりを面接官に伝える大切な機会です。しかし面接時に自己PRに使える時間は比較的短いことが多く、そのためよく準備して面接に臨むことが必要です。

 

 まず自分のよさを強調することができる経験についてよく考慮することができます。学校の試験で1番の成績をとったことがあるとか、有名大学の試験に合格したなどの経験があれば、それは大きなアピールポイントとなるかもしれません。しかしそのような経験をしたことがなくても、自分のよさをアピールできる経験があるはずです。そのことをよく思い巡らし、面接時に伝えるようにするのです。

 

どのような経験が自己PRとなるのか

 

 面接官が就職希望者の行う自己PRのどこに重きを置くかは、企業の方針や仕事内容によって異なります。それで下手に背伸びをして自分の経験に何かを付け加えるよりも、ありのままの自分を出すほうが上手に自分をアピールすることができるでしょう。

 

 たとえば厳しいことで知られている学校の部活動を3年間辞めずにがんばったとか、学校の文化祭で自分の企画した催し物の受けがよくて嬉しかったなど、自分をアピールすることができる経験はあるはずです。企業は就職希望者に戦力となる素質があるのか、そしてその企業にフィットするのかを面接で確認します。自己PRは後者を確認するうえで大切な役割を果たしますが、ありのままの自分を伝えるほうが面接官によい印象を与えることがあります。


このページの先頭へ戻る