20代、30代で転職をする時に考えておくべきこと

 企業の業績が好調な時期は人手が足りなくなるため、求人数が増えてきます。そのため転職には良い時期と言えます。特にこのような時期は経験やスキルなどより、若い人材を育てていこうと考える企業が増えるので、20代、30代で転職を希望している人にとっては好機といえるでしょう。

 

 転職の際大切になってくるのは、自分のキャリアプランをどのように考えていくかです。新しい仕事先でどのような仕事をしたいのか、スキルアップするにはどうすれば良いのか、10年20年先のことも考えて転職先を選ぶ事が大切です。

 

 大きな企業に勤めたからといって、定年まで安心という時代ではなくなってきているので、自分がどのようなスキルを身につけられるかを考えて転職先を選ぶようにした方が良いと言えます。

 

 自分だけでは業界の事情や会社の情勢などがわからない事もあるので、色々な企業の事情に通じた転職エージェントを利用する事もできますし、新聞や本などを読んで社会情勢について勉強しておく事も大切です。

 

 こういった事を知っておくことは、転職に役立つだけではなく今後仕事をする上でも人生を送る上でも役に立ちます。また転職する際に有利な資格があれば勉強を始めておくことも、転職に役立ちます。

 

【特集ページ】
30代転職活動
30代は市場価値を活かした転職活動をしよう!

 

 資格を取得していなくても、資格取得のために勉強をしているということだけで評価されるため、履歴書などにはその事も書いておくと良いでしょう。転職はステップアップのチャンスと考えて、活動していく事が大切です。



このページの先頭へ戻る